離婚・養育費ガイド

離婚とは

全ての離婚が離婚届を提出するだけで完結する単純なものであるかといえばそうではありません。むしろそれだけキレイにスッパリ離婚できるケースというのは非常に稀なケースではないかと思われます。

離婚が成立するには、離婚届を提出し、受理される必要がありますが、これには夫婦お互いのサインが必要であり、つまりお互いが合意しなければなりません。夫婦の一方が離婚したいと思っていていても、もう一方が納得していなければ離婚は成立しません。こうした場合には、裁判所に判断を仰ぐ必要がある場合があります。離婚に関しては、民事事件の中でも特に家事事件として扱われるものです。これはいきなり裁判になるというわけではなく、いくつかの段階を経ることになり、むしろ裁判というのは最終的な手段であると考えるのが良いでしょう。その段階としては、

という段階を経ます。

協議離婚

協議離婚とは、お互いが納得いく形になるまで相談し、特に裁判所等を利用しない方法です。これで解決しない場合に、調停・審判・裁判といった制度を利用して解決を図る事になります。

離婚調停

お互いの話し合いでどうしようもない時には、家庭裁判所に対してこの「離婚調停」を申立てる事になります。

裁判所に調停委員という方がおり、この人が夫婦の間に入って、離婚や離婚の条件について話し合うというものです。

審判離婚

調停によって夫婦の間で、

といった場合に、裁判官に判断してもらうという方法です。しかしこの方法は実際あまり利用されていないというのが実情です。というのも、この審判離婚は、「大きな食い違いがある」場合には利用できないためです。離婚する夫婦で揉める点というのは、

など決して小さくない問題で揉めている事が多く、こうした場合には審判離婚が利用できず、次の段階の離婚裁判をする必要が出てくる場合があります。

離婚裁判

訴訟によって離婚をしようとするのが「離婚裁判」です。これは、

について、裁判所に「判決」を下してもらって決めてもらうというものです。上記の審判離婚で認めてもらえないような、もめ事がある場合に利用される方法です。